Recipe Blog
Sakamachi
Cooking lab.

柳澤英子がレシピ開発を行う拠点としている新宿・坂町のクッキングラボでは日々、食生活をハッピーにするレシピ開発が行われています。
ここではそんな様子をご紹介します。

糖質大幅カット!「ふすまパン」を食べよう

2017.10.23

Sakamachi Cooking Lab.スタッフの佐藤です。
今回は、ダイエット食品として注目されている「ふすま」について
ご紹介します!
 

ふすまとは、小麦など穀物の表皮を粉にしたもの。
通常の小麦粉は小麦の胚乳から作られますが、胚乳は糖質が高いのです。
しかし、ふすまは胚乳を含まないので低糖質!
その上、食物繊維、ビタミン、ミネラルなどの栄養素が豊富に含まれています。

最近は、ふすまを使用した「ふすまパン(またはブランパン)」や菓子類を
店頭でも見かけるようになりました。
私は小麦製品、特にパンが大好きなのですが、気になるのはやはりその糖質。
そこで、ふすまパンの低糖質かつおいしい食べ方を探ってみました!
 

<パンミックスでお手軽に>
今回はふすまを配合したパンミックスで食パンを焼くことに。

製品によって異なりますが、こちらのパンミックスでは強力粉と比べて、糖質84%カットの食パンを焼くことができます!
家庭でも気軽に低糖質のパンを作ることができますね。

焼き上がりはこちら!

しっかり膨らみました!さて、味や食感はどうなのでしょう?

生地は黒糖パンのようなブラウン色。予想以上に柔らかく「ふかふか」とした食感です。
砂糖を入れていないので甘みはありませんが、通常の白い食パンよりも穀物の味、香りを強く感じます。

 
このふすまパンを、まずはシンプルにバタートーストにしてみました!

とても香ばしいですが、食感はややパサついた印象に…。
バターを多めに塗ったり、スープに合わせると食べやすくなりそうです。
トーストにする場合は厚切りにはせず、やや薄めにスライスしてサクッとさせた方が良いかもしれません。

 

<低糖質&ボリューミーにアレンジ!>
続いては、バタートーストの結果を踏まえ、ふすまパンを薄くスライスしてサンドイッチに。

具材たっぷり、食いしん坊の欲張りサンド!
柔らかいふすまパンに、みずみずしい野菜がよく合います。
チキンと卵も入ってボリューム満点ですが、いずれも低糖質なので安心。

 

最後は、フレンチトーストを塩気のあるお食事風にアレンジ。

卵と豆乳を合わせたアパレイユにじっくり漬け込んで焼き上げると、ふすまパンの食感が激変!
しっとりとして、噛むたびに旨味がジュワッと染み出す感じがたまりません。
大胆にトッピングした納豆とも相性良しでした。

 
低糖質で栄養価の高いふすま。今回はパンに注目してご紹介しましたが、
「糖質は抑えたいけれど、炭水化物も食べたい…」という方の強い味方になりそう。
特徴を踏まえれば、他にもいろいろなアレンジが楽しめそうです。

 
(Photo/hebiji)
(SCLスタッフ/marimari、Yuka)

Books
柳澤英子の本

News Topics
最新の出演情報など