Recipe Blog
Sakamachi
Cooking lab.

柳澤英子がレシピ開発を行う拠点としている新宿・坂町のクッキングラボでは日々、食生活をハッピーにするレシピ開発が行われています。
ここではそんな様子をご紹介します。

26キロ減の料理家も愛用! ダイエットにもぴったりの、最新キッチングッズ

2015.07.01

51

注目アイテム:DIDAツイスターカッター・野菜スライサー

日々便利なキッチングッズが登場している昨今、なぜ今さら「野菜スライサー」!? と思われるかもしれません。
しかし、これまでの使いにくさを一新した海外生まれの「新型スライサー」がすごくイイんです!

かさばる旧型から、スマートに進化!

1_2
料理をする際にたくさん野菜を切るのって結構手間。それゆえ、野菜スライサーは多くの家庭で長く愛用されてきました。
その一方で、「場所を取る」「洗いにくい」など使いにくさが気になっていたのも事実。
その点、ツイスターカッターは見た目もおしゃれで形もスマート。
スライスした野菜をお皿にそのままのせれば、洗い物も減らせる優れものなんです。

61
使い方はいたって簡単。
筒はくるくると回転させると、3つに分解されます。
写真手前の2つのパーツに刃がついているので、どちらかに野菜を入れ、写真上の薄い緑のパーツでおさえるように固定し、筒をくるくると回転させていくだけ。
鉛筆けずりの要領で一気に野菜がスライスできます。

最初に試すなら、ズッキーニがイチオシ!

23
千切り野菜というとキャベツやにんじんなどを思い浮かべますが、これから試す方は、ぜひ「ズッキーニ」で。
スライサーに対してのサイズ感もぴったりで、シャキシャキとした食感がたまらなく美味しい!
あっという間に1本食べられるので、野菜不足を解消したいときにも便利です。

麺のかさましに使えば、カロリーオフに

31
また、ダイエットを目指す方にはスライスした野菜を「麺」と一緒に食べることをおすすめします。
ズッキーニなら「そうめん」と相性ぴったり。
ゆで上がりの直前にズッキーニを入れて一緒にゆでれば手間もかかりません。
26キロ減の料理家が実証すみの、おいしく食べて痩せられるかさましテクニックです。

シャキシャキした食感は、そうめんだけで食べるよりおいしいくらい。
そうめんだけだと栄養が偏りがちですが、野菜も一緒に摂れるので、栄養バランスもアップします。

見た目もかわいいツイスターカッター。
値段も1000円程度と手頃なので、キッチンの仲間に加えてみてはいかがでしょうか。

Books
柳澤英子の本