台所仕事をラクに楽しく!『料理のその手間、いりません』(小学館)が発売されました

2018.10.25

台所仕事をラクに、楽しくするためのテクニックを詰め込んだ、
「料理のその手間、いりません 台所の呪いを解く方法」(小学館)が発売されました。

「疲れている日もちゃんとごはんを作らなきゃ…」
「今日の料理は手抜きをしてしまった…罪悪感」

などなど、人知れずこんなつぶやきがもれてしまう人、多いのではないでしょうか?

多くの人が「呪い」にかけられています。
仕事も家庭も手に入れてキラキラ輝けという呪い、
そうでなければ不幸せと思わせられる呪い……。
なかでも台所にたゆたう料理カンケイの呪いは強力です。
だからお総菜や冷凍食品を買うと「手抜きをした」という罪悪感におそわれてしまう。

そんな呪いとは、もうさよなら。

「生にんにくを刻まなくても、パウダーでOK」
「煮物はレンチンで簡単に」
「『簡単なもの』はいい皿に盛って豪華に見せる」

そんなことしていいの?と思うことでも、いいんです!

大事なのは「手を抜くのではなく、いかに手間を抜くか」
賢く手間を抜くと、気持ちにも時間にも余裕ができて、
台所仕事がもっと楽しくなります。
しかも、ポイントを押さえれば、ラクしても美味しいごはんは作れるんです。

本著では、料理の基礎を知ったうえで、いらない「手間」を省いて効率化するテクニックをご紹介。
料理に対する気持ちの持ち方、買い物、調理、片付けまで、
著者が日々実践する台所術を凝縮した一冊です。

詳しくはこちら

Books
柳澤英子の本